カレンダーの確認を忘れて痛い目にあってしまった

By: i_yudai

私がFXを始めて間もない頃は、色々な意味で驚いてしまった事があります。というのもデイトレで売買をしていた時に、思わぬ大きな動きで足元をすくわれてしまった事がありました。あの時の私は、確かユーロでの買い玉を保有していた記憶があります。それで徐々に外貨の金額が上がってきていたので、ほぼ私の木阿弥通りになっていました。ただあまり早めに決済をするのも良くないと思っていたので、しばらく様子見の状況になっていたのですね。よくあるパターンです。

ところがある時に、突然に大きな下落が生じてしまったのです。私はそれを見た瞬間に、何が起きたか分かりませんでした。どちらにしても大きな下落が生じている以上は、少なくとも損失が発生している事だけは確実なので、私はやむを得ずそれを損切りする事になってしまったのですね。これも、よくあるパターンです。そして悪い事は続くものです。その損切りを行った後に、今度はまたユーロの価格が上昇し始めました。それで最終的に急落が発生する少し前のタイミングよりも、結局はユーロが急騰していったのですね。つまり損切りしていなければ、間違いなく利益が発生していた事になります。何とも悲しい思いをしてしまった訳ですね。

ところで上記のような思いをしたのは、恐らく私だけでは無いでしょう。デイトレで売買をしている方々でしたら、恐らく1度や2度は上記のような経験をしていると思います。ちなみになぜ私が上記のような状況になってしまったかというと、経済指標だったのです。金融業界に関わる経済のニュースなどは、外貨のレートを大きく動かすものですね。見事にその指標が発表されてしまった事により、急落が発生していた訳です。

このような事は決して珍しくないのです。そして、上記の事態は実は回避できていた筈なのです。その指標が発表される少し前のタイミングで指標のカレンダーなどを確認していれば、まず間違いなく回避する事ができていたでしょう。ですのでFXでは、カレンダーを確認する事はとても大切だと思います。特に雇用統計が発表されるタイミングなどは、やはり確認しておくべきですね。
おすすめサイト:http://sbifx.jpn.com/

色々な試行錯誤で1つのやり方に落ち着いた私

By: velacreations

私は今までに、色々なやり方で売買を試しました。その中には成功した方法もあれば、もちろん失敗してしまった方法も見られるのですね。様々な試行錯誤を繰り返して、現在の売買のやり方に落ち着きました。それで私がFXでの手法を色々と試してみた結果、結局この金融商品では指値が一番大切だと思います。あまり成り行きでの売買は、行わない方が良いとも考えているのです。

というのも私の過去の成績を見てみますと、数字によってそれが証明されているのですね。まず私はある時までは、成り行きでの売買を中心にしていました。ところがその時の成績は、あまり良くなかった訳ですね。利益率はマイナスになっていたのです。それである時から、私は指値による売買を中心に行うようになりました。その結果、だいぶ状況が変化してきたのですね。以前は利益率がマイナスになっていたのですね、今度はプラスに転じるようになってきたのです。ですので私の場合は、少なくとも成り行きよりは指値の方が効果が大きいと確信した訳ですね。

さらに期間は経過して、今度はその指値を複数保有するという発想に至りました。それでまた色々と試行錯誤をしてみた結果、今度は上記の指し値のやり方よりは、利益率が10%ほどアップしていたのですね。何回繰り返してもそのような利益率になるので、このやり方は間違っていないのだと思います。このようなデータが見られる以上は、やはりFXでは指値を駆使するのがとても大切だと思います。確かに成行はそれなりのメリットもあるのですね、やはり私の売買の利益率を見る限りでは、やや不安定な一面があります。それよりは指値で手堅く売買をする方が、むしろ好ましいと考えている訳です。

自分なりのやり方が見つかった以上は、今後はこの方法に固定しようと思います。行き当たりばったりで、別の方法にチェンジする事はまずないでしょう。そして上記のように、色々なやり方を試すのがやはり大切だと思います。FXでは、試行錯誤はほぼ必須だと思っている次第です。

 

数字などで記録を付けていく事の重要性とそのポイント

By: Greg Lobinski

FXでは、記録を付けていく事は大切です。というのも記録次第で、自分の売買が成績が伸びるかどうかも変わってくる傾向があります。そもそもこの金融商品では、様々な試行錯誤が必要なのですね。1つのやり方では上手く上手く行かない事も多々ありますので、別のやり方を試すケースも多々あります。つまりある時までやり方Aで試してみて、一定の期間が経過したらやり方Bを試すことになるのです。それを繰り返していって、自分に最適な方法を見つける事になります。

ところでこの金融商品での試行錯誤では、やはり記録が大事です。前述のような記録を付けておかないと、自分の主観だけで売買をするケースも多々見られます。例えばある時までに、やり方Aで売買を行っていたとします。そして人間というのは都合が良いもので、自分にとって悪い記憶は忘れてしまう傾向があるのです。たとえやり方Aの成績が良くなくても、その悪い記憶を忘却してしまう事が多いのですね。逆に記録を取っておけば、そのような都合の良い忘却を防止する事ができます。ですので数字などを用いて、日々の売買の記録を付けるようにすべきでしょう。

ただその記憶を取る時には、いくつかのコツもあります。まず1つ目ですが、あまり多くの情報を盛り込み過ぎない方が良いです。というのも余りにも多くの事を書きますと、正直続きません。1日や2日程度で断念してしまうのが、関の山ですね。それよりは、もっと簡潔なスタイルで記録を取るようにすべきでしょう。記号などを上手く用いて、できるだけ記録の時間を短縮できるようにすれば、長続きしやすい傾向があります。

それともう1つのポイントは、必ずそれを見返すようにすべきです。単純に記録を付けて放置してしまっては、あまり意味がありません。自分のやり方を振り返る為に記録を付ける訳ですから、空き時間などを上手く使って振り返るのは大切でしょう。このような記録付けの繰り返しによって、FXの売買の成績は変わっていくと考えます。

先物とFXのどちらで利益を目指すのが良いか

By: GotCredit

FXとよくシステムが似ている商品の1つに、先物があります。あれは取引画面などはそっくりですね。私は以前に、その先物のデモ口座を作ってみた事があります。そのレイアウトなどを確認してみても、とにかくFXに良く似ているのが印象的でした。売りから入る事もできますし、取引的なルールの意味でも両者は非常に似ていると感じたのです。

ところで先物は、よくリスクが高めと言われています。実際私も、確かにその通りだと思いますね。その意味で、FXの方がメリットが大きいとも考えています。もちろんFXにも、リスクはあるのです。それもかなり高めなリスクが、この金融商品には存在します。一歩間違うと一晩で数百万円ほどが吹き飛んでしまう事もあるので、油断ができない一面があるのは確かですね。

ところが先物投資の場合は、実はそれよりも大きなリスクが存在します。というのも先物の場合は、とにかく動きが激しいのですね。1日で動く値幅は、相当なレベルです。その幅の大きさは、FXの比ではありません。それだけ大きな動きが生じるとなると、やはりリスクも大きくなってしまう訳です。FXの場合は一晩で数百万ですが、先物の場合はもっと大きな金額が吹き飛んでしまう可能性があります。多くの建玉を保有していれば、やはり先物でも相当な金額が動く事になるでしょう。レバレッジの高さなどを考慮しても、先物はややリスキーな商品ではあります。

その代わり、先物の方がリターンは高めな一面があるのも事実です。一晩で数千万円ほどの損失が生じる事も多々ありますが、逆に言えばそれだけ大きな利益が発生する可能性もある訳ですね。ですのでハイリターンという意味では、FXよりも先物の方がメリットが大きいとも言えるでしょう。

どちらの方がメリットが大きいかは、正直何とも言えない一面はあります。リターンの高さを求めるならば、先物の方が良いとは思いますね。ただ、やはり投資では安全度の高さは軽視できません。できるだけ安全に売買をしたいと思うならば、やはりFXの方が良いと思います。

最初に必要な資金のハードルが低めな点に魅力が

By: Jeremy Sutcliffe

最近のFXは、ハードルがだいぶ下がってきたと思います。ちなみにここで言うハードルとは、その金融商品を始める時に対するものです。そもそも投資商品と聞くと、一によってはハードルの高さを感じている事もあります。なぜなら多くの方々は、投資に対して多くの金額が必要とのイメージを描いているのです。

実際確かに投資の中には、まとまった資金が求められるタイプもあります。例えば不動産投資などでは、一番最初の段階で多くの資金が求められるケースも珍しくありません。というのも不動産投資の場合は、まず物件を購入する必要があるでしょう。マイホームなどはまとまったお金が必要になるので、その分初期投資額が高めになってしまう訳ですね。

具体的にどれ位の初期費用が求められるかは、不動産投資によって色々と異なります。中には数千万円ほどの初期費用が求められる物件もあるので、それはハードルが高いでしょう。ですので初めたくても、なかなか始めづらい一面があります。

ところがFXの場合は、そこまでまとまった初期費用が必要でない事も多いですね。どれ位のお金が必要かは色々な意見がありますが、数万円程度で十分でしょう。1万円で始める事ができるFXの会社も見られます。ですので前述の不動産投資に比べれば、明らかにハードルが低めになっている訳ですね。ある意味それは、このFXという商品の大きな魅力の1つだと考えます。

そしてFXの場合は、ここ最近はそのハードルがさらに下がってきているのですね。というのもある金融会社の場合は、1枚単位での売買をする事ができます。他の金融会社では最低1,000枚単位での売買が求められる事が多いのですから、それだけハードルが低めになっている事は確実でしょう。最近はそのような会社が増加してきているので、総じてハードルが低下傾向にあるのは確実ですね。いずれにせよハードルが低いのは、投資の初心者の方々にとってはメリットが大きいと思います。

FXで役に立つ知識を金融会社によるセミナーで学ぶ

By: BoaNoite

FXで稼ぐ為に、何らかの知識を知りたいと思う方々は本当に多いです。実際この商品は、確かに知識が必要な一面はあります。やり方次第では、この投資商品で稼げる可能性は確かにありますので、勉強をしておきたいと思う方々も多い訳ですね。では具体的にはどうやって学ぶ事ができるかというと、FXの会社が主催をしているセミナーという選択肢があります。大手の金融会社では、独自のセミナーを開催している事も多いのですね。ただそのセミナーの内容も、色々と異なります。いわゆる初級者向けのセミナーもありますし、中級者向けの内容など様々なのですが、やはり知識が少ない内は初級者向けが良いでしょう。

どのようにしてセミナーを受講する事ができるかというと、最低でも動画を閲覧できる環境は必要になります。というのもこの金融商品のセミナーは、たいていはWEB媒体になるのですね。会場で受講できるタイプのセミナーもありますが、そもそも会場に行くにも多くの手間が必要になるでしょう。それよりも自宅で受講できる方が望ましいと考える方も多いですが、それを受講する為には、最低でも動画閲覧の環境が必要になります。ですので自宅のパソコンで動画を再生できるかどうか等は、やはり確認をしておくべきでしょう。

そして上記のようなWEBセミナーには、大きなメリットはあると考えています。実際私も初級者の頃には、WEBセミナーを受講した事が多かったのですね。それで初めて受講したセミナーの内容などは、なかなか良かったと思います。非常に分かりやすく説明されていたので、あれはFXの仕組みを覚えたい時には、とても良いでしょう。また中級以上のセミナーを受講した事もありますが、なかなか勉強になったと思います。

しかもセミナーを受講する為には、たいていは料金が無料です。中には有料のセミナーもあるので、色々と検討をしてみると良いでしょう。受講する上で多少の時間を割く必要がありますが、それだけの価値はあると考えています。